20代女性は結婚相談所で年収600万円以上を狙える

20代の婚活は気楽さや楽しさを優先させがちですが、早くから結婚相談所を使う利点は沢山あります。女性20代はスペックの良い男性からアプローチが多い売り手市場なので、若い内に良いお相手を見つけのは理にかなっています。

20代 vs 30代!女性の婚活は劇的に変化するのか?

08.jpg20代だけど、まだ結婚相談所に入会するのは早いのだろうか?
30代になってからの入会では、遅いのだろうか?

色々と考えてしまいますよね。
結婚相談所において20代と30代では、どのように違いがあるのでしょうか?

大手結婚相談所のデータを元に考えてみましょう。

20代の人数は少ない

業界最大手の人数を誇る、楽天オーネットで会員データを確認してみました。

20代の女性の人数は、全体の15%とかなり少ないです。
逆に30代前半から、30代後半の人数がものすごく多いボリュームゾーンと成ります。

なんだ、20代で相談所に入会している人は少ないのだから、私もまだいいかな。
もしかすると、こんな風に感じたかもしれませんね。

ところが、現実を詳しく見ていくと、そう単純でもなさそうです。
20代から婚活するメリットは、なんといっても多くの男性から求められる、ということに尽きます。

30代の女性は競争が激しい

30代の女性はボリュームゾーンなので、ライバルがうじゃうじゃと、沢山いる状態です。
この中から飛び出して、男性に目立って訴求するためには、良いルックスや、ブランド力が必要です。

ブランド力とは、職業でキャビンアテンダントやモデルだとか、有名大学卒、年収600万円以上など、女性も年収で見られる時代です。

さらに、仲介型の結婚相談所で有名なパートナーエージェントのデータを見ると、20代の優位性が浮き彫りに成ります。

20代だと、成婚までの交際人数が3.8人で、交際期間は8ヶ月です。
30代だと、4.5人と12ヶ月必要です。

成婚率が24%と、業界でもダントツに優秀な数字にも関わらず、このデータです。
20代がいかに優秀か、ということの証明ですよね。

繰り返しますが、20代は、成婚までの会う人数が少なくてなおかつ、成婚までの期間が短い。
30代になると、まる1年間の婚活を行って、ようやく結婚できるわけです。

まとめ

20代から30代になると、婚活の外部環境は激変します。

もし、彼氏がいて結婚を考えているのであれば、その関係を最優先させれば良いと思います。
そうでない場合。
出会いが無いあるいは、彼氏がいない場合は、20代の内に婚活をスタートしておくことが、最も賢い時間的な投資になることは、言うまでもないでしょう。

「異性を獲得」することは、「待っていて」は、何も起こりません。
自ら積極的に出会う「努力」が必要な時代なんです。

このことに、草食系も肉食系も関係ありません。
待っているだけでは出会う可能性が少なく、女性の貴重な20代、女性の美しい旬な20代の時間が、日々過ぎていきます。

その貴重な時間を婚活に投資すれば、理想の男性を獲得できる可能性が、非常に高いのに。
もったいない。

少しでも結婚のことを頭に思い浮かべたのであれば、結婚相談所の比較検討をスタートしたほうが良いと思います。

もちろん、スグに入会する必要はありません。
資料請求をして、比較検討し、できれば実際に店舗にいって、婚活のプロに無料診断してもらって、話しを聞いてみてください。
20代がいかに大事な時間なのか、よく理解できると思います。

 - 20代結婚相談所