20代女性は結婚相談所で年収600万円以上を狙える

20代の婚活は気楽さや楽しさを優先させがちですが、早くから結婚相談所を使う利点は沢山あります。女性20代はスペックの良い男性からアプローチが多い売り手市場なので、若い内に良いお相手を見つけのは理にかなっています。

20代婚活と子どもが成長した歳の人生設計

09.jpg20代早めに結婚した方は、後半の人生でかなり楽になると言われています。
体力的にも、経済的にも、非常に理にかなった考え方だと思います。

具体的には、どのようなことなのでしょうか?
20代の早い内から婚活を行うメリットを、順に見ていきます。

親と子どもの年齢

子ども年齢 あなたの年齢
0歳 30歳
5歳 35歳
10歳 40歳
15歳 45歳
20歳 50歳

まぁ当たり前ですが、このような年齢になってくると思います。
30歳で出産した場合です。

30歳に設定した根拠は、政府の人口動態統計データによると、日本の初出産の平均値は30.2歳となっているからです。

29歳結婚して、30歳で出産。これが、日本の平均値。

20代の早い内から婚活をスタートさせると、この平均値よりもマイナス5歳ぐらいの感じになるのではないでしょうか?

つまり、24歳で結婚して、25歳で出産。
だいたい24歳〜29歳の間で結婚するということになりそうですね。

一方、政府データで見ると、20代の未婚率は60%となっています。
ということは、何も手を打たなければ、20代においては、結婚している人のほうが、少数派ということです。

子どもの教育費

よく言われることですが、子どもを育てるには、思った以上にお金が必要です。
特に、良い教育は良い収入に将来直結しますから、子どもには良い教育を受けさせたい。

となると、良い教育には、普通よりもさらにお金が必要となります。

学校を私立にするのか、公立(国立)にするのかで、教育費はだいぶ違ってきますが、概算で、大学までに3,000万円必要だと言われています。

家を1軒購入する感じですね。

子どもが小さい頃は、当然、自分たちも若く、会社の立場というか役職位は低いですから、収入も準じて低いでしょう。
子育て費用は、かなり大変だと思います。
学費以外にも、衣食費用がかかりますので。

しかし、若い年代のころは、お互いのご両親も若く元気で、お金を援助してくれる可能性も、かなりあるでしょう。

自分たちの収入は低く厳しいが、一族全体としては、まぁなんとか都合付けられる資金が融通できるわけです。これって、大事ですよね。
親と仲が良ければ、ですが。

まとめ

20代の頃から、あまり先々のことまで見通し過ぎても、人生面白くないという感じもしますが、現実に年を取っていきます。

将来を見据えて、不安な要素や、不確定要素を排除して、なるべく安定した家庭運営ができるように、準備できるのであれば、備えておきたいですよね。

20代という年代であれば、体力がありますから、子どもと思い切り遊ぶ事も可能です。
これが、35歳になって結婚したのであれば、小学生、中学生のやんちゃな子どもと思い切り遊ぶのは、体力的に厳しいのではないでしょうか?

あなたは、45歳〜50歳という年齢になっているわけですから。

このように結婚は、なるべく20代でお相手に恵まれたほうが、色々な意味で、都合が良い、良い人生に生る可能性が高い、と言えるのではないでしょうか。

 - 20代結婚相談所