20代女性は結婚相談所で年収600万円以上を狙える

20代の婚活は気楽さや楽しさを優先させがちですが、早くから結婚相談所を使う利点は沢山あります。女性20代はスペックの良い男性からアプローチが多い売り手市場なので、若い内に良いお相手を見つけのは理にかなっています。

20代で結婚願望が強い人ほど結婚相談所を使うのか?

06.jpg20代と若い時から、結婚願望の強い人はいますよね。

将来を見据えた、堅実で素晴らしい考え方だと思います。

とかく20代の頃は、「楽」で「楽しい」ことに流されがちになります。
いわゆる、何となく時間を過ごしてしまいがちです。

結婚願望の強い人は、その後の生活までイメージされていて、お金の使い方や、人間関係、子どもの教育費など多面的に、しっかりと考えを持っていると思います。
そうなると、同年代の男性では、精神年齢が幼いと感じてしまい、物足りない感が出てくるかもしれませんね。

結婚相談所に行ってみる

そういう方は、合コンや婚活パーティー、婚活サイトという軽いノリの出会いよりも、堅実でどっしりと安定した、結婚相談所での出会いがマッチしているように思います。

もちろん、既にお付き合いのある彼氏がいれば、理想です。
男性であれば、彼女ですね。

結婚相談所では、結婚とうい近い将来の現実と、生活という人生そのものを見据えつつ、お相手探しをするわけですから、年収や職業、学歴といったスペックも、選択の重要な指標となります。

合コンや婚活で、いきなり年収とか質問できないですよね。
しかも、収入証明を提出するわけではないので、真偽の程は不明です。

さらに、結婚相談所では年間30万円以上という、高額な料金を支払えるだけの経済力があり、なおかつ支払っても結婚するという意識の高さと、真剣さがあります。

結婚願望の強い女性には、ピッタリの出会いの場ではないでしょうか。
日常の生活では、出会えないようなステキな男性と、ご縁があるかもしれないのも、ワクワクします。

幸せと安定を求めて結婚

20代の結婚願望の強い女性は、精神的に成熟している、っということが言えるかも知れません。

早い内に幸せの土台を作り、将来にわたって不安定にならないよう、家族というよりどころと経済的な安定を求める訳です。

人はひとりよりも、複数一緒にいたほうが、コストもかかりますが、収入が増える可能性があるので、生活は安定する傾向にあるようです。

また、病気や不慮の事故、トラブルなどが起こった場合も、ひとりよりも、複数で一緒にいたほうが、対応力が柔軟になると思います。

なにより、20代の内に結婚しておくことが、理想の男性獲得に有利であり、子どもを生むのにもリスクが少ないということを、本能的に察知しているのかも、知れませんね。
表面的には、どう考えているのか、分かりませんけど。

まとめ

世の中全体的に、未婚率が上昇し、婚姻年齢が上がる傾向にあります。
政府の国勢調査データを見れば、明らかです。

そんな中、20代から結婚願望を持って行動するというのは、とても立派なことで、究極のサバイバル術とも言えるかもしれません。
まぁ、本能なのでしょうけど。

身の回りに出会いがあれば、それはそれで幸せです。
どんどん出会いを活用して、出会いの数、異性との接点数を多くして、早めに結婚にたどり着くお相手を獲得すると良いです。

しかし、出会いの絶対数が少なければ、危機感を持ち、結婚相談所など真剣な出会いの場へ、自ら飛び込む行動力が必要だと思います。

いきなり入会しないまでも、小さな行動を起こすことを意識するとよいですよね。
例えば、結婚相談所で言えば、後回しにしないで、スグに資料請求してみる。
スグに店舗へ無料相談に行ってみる、という具合です。

小さな行動することで、思いもよらなかったような「ご縁」をたぐり寄せることができるでしょう。

 - 20代結婚相談所