20代女性は結婚相談所で年収600万円以上を狙える

20代の婚活は気楽さや楽しさを優先させがちですが、早くから結婚相談所を使う利点は沢山あります。女性20代はスペックの良い男性からアプローチが多い売り手市場なので、若い内に良いお相手を見つけのは理にかなっています。

仕事にやりがいの20代は結婚を考えないですか?

02.png20代は仕事が面白く、やりがいを感じる年代ですよね。
新しいことをどんどん任されて、苦労も多いが、やりがいはもっと多い。

しかも、仕事と共に給料もアップするので、さらにやりがいを感じることでしょう。
女性でも、ここでキャリア系のエンジンがかかり、仕事に没頭する方は多いようです。

仕事というのは、やりだすと24時間、年中仕事のことを考えていますから、結婚のことなど「ぬるく」感じてしまい、後回しにしがちです。

自分にとって人生の大事とは何か?

仕事で忙しい時って、一旦立ち止まって人生を考える、何ってことが面倒になるんですよね。
そして、益々仕事に没頭してしまう。

でも、自分の人生にとって何が大事なのか、何が優先すべき価値観なのかを、きちんと考えたほうが良いと思います。

例えば、女性の友達で、割りとこういうパターンを多く見かけます。

20代の頃は、仕事が面白く、全力で仕事していた。
気が付くと30代で、周りはほとんど結婚していて、自分だけがトリコのされている感が。

いつの間にか、外部環境が変わっていると気づくのですが、実は日々、刻々と変わっているのに、気付かなかったんですね。

まぁ、婚活という意味ではそれで良いのかもしれません。
20代と比較して30代の婚活は条件は良くないですが、結婚出来ないわけではないです。

もう一つ事例をみましょう。

その女性は、27歳で結婚しました。
20代での結婚ですから、社会人になってから付き合っていた彼氏と一緒になれました。

ところが、仕事が面白くて、出産を遅らせて33歳で、これではいけないと子作りをはじめた。
そうしたところ、不妊で子どもができず、不妊治療で肉体的にも精神的にも、大変つらい思いをしている、ということです。

結婚、子どもは、早いほうがいいです。

仕事はあとから追いつく事が可能

仕事は、いくらでもあとから追いつく事が可能です。
もちろん、大きなプロジェクトのチャンスとか、その場限りかもしれません。

でも、実力さえあれば、そのようなチャンスは何度も巡ってきます。

仕事は自分でコントロールできます。
ところが、婚活と出産は自分でコントロールできません。

特に出産は、年齢ととも卵子が加齢で衰えることは、医学的に言われていることです。

子どもが不要であれば、そんなことは考えなくても良いでしょう。
しかし、生涯のパートナー探しで、子どもがいらないという男性は、少数だということです。

つまり、子どもにこだわらない男性パートナーを探すのは、大変です。
交際当初は、子どもにこだわらないと言っていた男性も、生活を進めていく内に、子どもが欲しいと考えを翻意するパターンは多々あります。

まとめ

何が何でも20代結婚。
何が何でも、子どもを早く生むほうが良い。
などと言うつもりは、全くありません。

しかし、目の前に起きたことが、もっと早く手を打てば防げた、予期せぬ事態だとすれば、とても残念でなりません。

人生で後悔しないためにも、自分の価値観や理想の人生、結婚観をはっきりとさせておく必要って、あるのではないでしょうか?

多くの人が結婚して、子どもを産み、幸せな家庭を持つことを理想とします。
自分が育ててもらったように、自分も子どもを育て、人生を一緒に歩みたい。

自然なことですよね。

そうであれば、結婚を考えるのに早すぎことはなく、出会いがないのであれば、積極的に結婚相談所に頼るのは、非常に効率が良いと言えます。

・結婚相談所「楽天オーネット」の評判サイト

20代は結婚よりも楽しい時間を優先させても良いですか?

01.jpg20代の生活は、仲間も多く毎日が楽しいですよね。
知らないことが多い分、覚えることが沢山あり、刺激に満ちている。

仲間との飲み会や、仕事も没頭してやりがいを感じている。
この瞬間しか体験できない、人生においてとても貴重な時間を過ごしているわけです。

しかし、女性の場合は、20代というのは婚活で一番大事な時期。
男性と同じ感覚で、楽しい生活を過ごしていると、あっという間に30代になり、婚活で苦労することに成ります。

そうならないためにも、20代の内からしっかりと結婚について考えておきたいですね。

親に結婚の価値観を聞いてみる

理想は自分の親に、結婚についての価値観を質問してみるとよいでしょう。

何歳で結婚したのか、どういう出会いだったのか。
その体験経験を活かすとすると、娘の私にはどのような結婚観を望むのか、などです。

もちろん、親の言いなりになる必要はありませんが、親がどのような経験をして期待をしているのかを、聞いてあげること自体が親孝行ではないでしょうか。

その親の経験を通して、自分の将来が見えてくるかも知れません。

もし、親と仲が悪く、結婚の話ができないようであれば、会社で年長者に質問してみると良いです。

たぶんですが、結婚するとなると、その年代の人達が体験した結婚の出会いよりも、今の出会いのほうがはるかに難しいのは確かです。

楽しさは積み上がらない

20代の楽しい時間は、その時しか出来ない貴重な経験です。
でも、その楽しさは、何も積み上がりません。

いわゆる時間の「消費」です。
20代の社会人生活の余暇を、全て消費してしまって良いわけがありません。

自分への投資をしなければ、将来、リターンはあり得ないのは、言うまでもないことです。

その投資のひとつが、婚活です。
異性の獲得は、食べ物の獲得(経済的自立)と同じぐらいに、とても重要な事です。

将来の生活そのものがかかっているわけですから。

なので、20代での結婚相談所はまだ早いなどと、たかをくくっていると、あとで大変な苦労をすることになりかねません。

まとめ

常日頃から出会いがあり、あるいは一定周期で飲み会や合コンなど、異性との接点が存在するのであれば、結婚相談所などは不要だと思います。

しかし、20代で職場でも、友人紹介も、出会いがなければ、それは20代後半や、30代になるとさらに少なくなります。
なぜなら、周りが結婚して落ち着いてしまうからです。

そうならないためにも、異性との出会いのチャンネルは多く確保しておくほうが、リスクヘッジになると言えます。

本気で結婚するのでれば、恋愛と切り離して、結婚オンリーの生活を見据えて、自分のちからでは出会うことの出来ない異性のいる場所に行くことも必要だと思います。

その代表例が結婚相談所になるわけです。
まず興味を持ったら、無料の資料請求という行動からスタートするようです。